案内

選別から始める

不用品の選別をまず考えよう。

不用品回収業者に依頼する前に、自分で選別しましょう。 家庭からでる不用品にはいろいろあります。自転車や大型家電、新聞古雑誌、家具など。 これらには、処理の仕方をみていきます。 まず家具についてですが、基本的に粗大ごみになり不用品回収業者に依頼しなくても回収してくれます。 棚などはネジを外すなど分解することによって、小さくもなります。 テレビやパソコン、洗濯機冷蔵庫やエアコンの5品目は家電リサイクル法の基、処理しなければいけません。 自転車は粗大ごみになりますし、古新聞古雑誌は古紙回収の業者に頼めます。 まずこの選別を知識として憶えておく事です。 そして、不用品回収業者とのトラブル回避や賢く利用する事をみていきましょう。

不用品回収のメリットや注意する事

不用品についての法的なことをまず考えます。 家庭から出るごみは一般的に自治体が回収をします。一般廃棄物として一般廃棄物処理業の営業許可を持っていなければ、不用品回収できません。不用品は誰でも持っていける物ではなく、産業廃棄物処理法に基づいて行われているわけです。 そして上記でも説明しましたが、家電リサイクル法。この品目の物は自治体も回収できません。これらはメーカーや小売店に引取りをお願いする事になります。 これらの事を踏まえた上で不用品回収業者に依頼しましょう。 まず複数の業者に見積もりを依頼することです。 この時の注意点は、オプション料金が設定してある場合です。これを回避するため見積もり依頼の時に、これ以上の追加料金が発生しないか自分で確認する事をお勧めします。不用品回収業者は手間が掛からないで処分してくれます、利用する側も賢く利用しましょう。